朝日レントゲンは歯科用レントゲン機器(CBCT・パノラマ・セファロ・デンタル)・ソフトウェアの国内メーカーです

中文English

朝日レントゲンホーム製品情報CR・DR対応製品 > パノラマX線撮影装置 Hyper-X シリーズ Hyper-XF / CM

製品情報

パノラマX線撮影装置 Hyper-X シリーズ Hyper-XF / CM

パノラマX線撮影装置 Hyper-X シリーズ Hyper-XF / CM
  • 特長
  • 仕様

Hyper-XFは、CRカセッテを用い、パノラマ撮影、顎間節撮影、上顎撮影、セファロ撮影(CMタイプ)を行うことができます。

特長

多軌道での撮影が可能

パノラマ撮影、顎関節部撮影等の顎顔面部におけるX線撮影を行うことができます。

歯牙の重なりが少ないパノラマ撮影が可能

パノラマオルソ撮影(正放射線軌道撮影)では、X線のビームの入射が歯に対して直交するようにパノラマ撮影を行う為、歯牙の重なりが少ないX線画像が得られます。

直流X線発生器の採用

高周波インバータ採用のX線発生器により、非常に安定した高品質なX線を発生することができる為、低被ばく線量で、高画質のX線写真撮影ができます。

微少焦点X線管球の採用

X線管球は0.5mm微少焦点の採用により、ハイコントラストで、かつシャープなX線写真を得ることができます。

幅広い撮影条件の設定が可能

管電圧の設定は、60〜90kVの範囲内で(1kVステップ)設定できます。管電流は、2,4,6,8,10,12mAのいずれかを設定できます。この幅広い条件を任意に組み合わせることにより、あらゆる患者さんのサイズに柔軟に対応した撮影条件を設定することが可能です。

ビームラインによる位置付け

3本の位置付けビームラインの採用により、患者さんの位置付けを正確に短時間に行うことを可能にします。

上下動の電動化

スライディングユニットの上下移動の電動化は、精度の高い位置付けに必要なスムーズな操作と微調整が可能です。

位置付けミラー

位置付け用ミラーは、角度を可変でき、患者さんまたは操作者ミラーにすることにより、スムーズに位置付けを行うことができます。

このページの先頭へ

仕様

一般的名称 アナログ式歯科用パノラマX線診断装置
販売名 パノラマX線撮影装置 Hyper-X シリーズ
名称 パノラマX線撮影装置パノラマ・セファロX線撮影装置
型式 Hyper-XFHyper−XF CM
定格電圧 100V(50/60Hz) 1φ
電源容量 2.0kVA
高電圧発生器 高周波インバータ式(100kHz)
撮影方法 マニュアル
管電圧 60kV~90kV(1kVステップ)
管電流 2~12mA(2mAステップ)
X線管球 D-052SB
焦点寸法 0.5mm
総濾過 2.5mmAI(min)
撮影モード パノラマ撮影:小児・成人・オルソ
上顎洞撮影
顎関節撮影:側面・正面
セファロ撮影:側面・正面
撮影時間 パノラマ:7秒/12秒
上顎洞:8秒
顎関節側面:3秒(4)
顎関節正面:3秒(2)
セファロ正面・側面:0.1〜3.2秒
拡大率(倍) パノラマ:1.21〜1.36
上顎洞:1.2〜1.22
顎関節側面:約1.24
顎関節正面:約1.88
セファロ正面・側面:1.1
位置付けビーム 3ビーム
位置付け器具 パノラマ・上顎洞:チンレスト、側頭部押さえ
顎関節側面・正面:イヤーロッド
-
フィルムサイズ パノラマサイズ、四ツ切サイズ、六ツ切サイズ 四ツ切サイズ、六ツ切サイズ
設置寸法(mm) W:1,500×D1,500×2,300 W:2,100×D1,500×2,300
重量 200kg 230kg
医療機器認証番号 21600BZZ001480000
分類 管理医療機器、特定保守管理医療機器、設置管理医療機器

外形寸法図

外形寸法図

Hyper-XF/CM 製品カタログ(PDF)

パノラマX線撮影装置 Hyper-X シリーズ

Hyper-XF / CM 製品カタログ(PDF)

ファイルサイズ:1.37 MB

カタログダウンロード

サービス

朝日レントゲンでは、製品導入後も安心してお使いいただけるよう、「保守メンテナンス契約」、「電話によるサポートセンター」、「導入・操作サポート」など、様々なアフターサポートサービスをご用意しております。

>保守サポート詳細はこちら

保守サポート詳細

お問い合わせフォーム

営業所・ショールーム

歯科用X線製品

耳鼻科用X線製品

朝日レントゲン工業開発の歴史

このページの先頭へ

プライバシーポリシーサイトマップ

2016 © ASAHIROENTGEN Ind. Co., Ltd.