朝日レントゲンは歯科用レントゲン機器(CBCT・パノラマ・セファロ・デンタル)・ソフトウェアの国内メーカーです

中文English

朝日レントゲンホーム導入事例 > インハウスCAD/CAMシステム「ceramill」導入事例~セラモテックシステム様~

導入事例

インハウスCAD/CAMシステム「ceramill」導入事例
~セラモテックシステム様~

歯科技工士様紹介

森亮太社長(歯科技工士)

森 亮太 (もり りょうた) 様

セラモテックシステム

「有限会社セラモテックシステム」社長、歯科技工士
社団法人日本歯科技工士会会員
日本歯科技工学会会員
日本口腔インプラント学会会員
日本口腔インプラント学会認定歯科技工士
株式会社Dentsply-sankinインストラクター(旧Degussa AG)
(金属焼付けポーセレン、ミリング、アタッチメント、CAD/CAM、オールセラミックス)
株式会社3.I インプラントジャパン 認定歯科技工士(インプラント上部構造体)
ラジカルネットスクール・インプラントコース特別講師
CAD/CAM Ti-Ceramic研究会認定歯科技工士
朝日レントゲン工業株式会社 AMANN GIRRBACH ceramill インストラクター(顧問)

セラモテックシステム

導入製品

インハウスCAD/CAMシステム ceramill(セラミル)

ceramillは、高い操作性で短時間に高精度な補綴物を制作することが可能な、AMANNGIRRBACH(アマンギルバッハ)社のオールインハウスCAD/CAMシステムです。
CAD/CAM工程で必要となる全てのコンポーネントを提供している同社のインハウスタイプのトータルシステムを使用して頂くことで、スピーディーに精密な補綴物を製作することができ、納期の短縮、製作コストの削減等のメリットが得られます。

> 詳細はこちら

ceramill

ceramill導入までの経緯

  • 平成25年8月~ 展示会などで情報収集
  • 平成26年7月~購入前に当社ショールームにて半年間のceramillレクチャーを受ける
  • 平成27年1月「ceramill」を導入

セラモテックシステム

インハウスCAD/CAMシステム「ceramill(セラミル)」をご使用いただいております、セラモテックシステムの森社長に「導入に至った経緯から、実際の技工における変化」を中心にお話を伺いました。

CAD/CAMを導入されようと思われたきっかけは何だったのでしょうか?

日本でジルコニア材料の認可が下りた際に、他社のCAD装置を導入していました。CAMの工程については外注して、ジルコニアのシンタリングが済んだ状態のものを納品していただいていましたが、適合状態が満足のいくものではありませんでした。ですので、いつかはCAD/CAMシステムを揃えたいと考えていました。
デンタルショーなどで、CAD/CAMについて色々調べていたのですが、一番適合が良さそうであったのがceramillでした。
セラモテックシステム  森 亮太社長

セラモテックシステム 森 亮太社長

ceramillを導入されようと思われたポイントは何だったのでしょうか?

適合の良さはもちろんですが、1システムで様々な事ができることがポイントでした。他メーカーの装置と比較もしましたが、適合の精度や材料の色合いなども良かったです。
ceramillは世界で一番売れているシステムだということと、トータルソリューションなので、不具合があったとしても対応を任せやすいといった安心感がありました。
導入時のコストよりも、一番良いものを購入して長く使用したいと考えましたので、堅牢性についても納得いくものを選びました。

選定の際、装置のスペックや機能以外についても比較検討されましたか?

海外製品の場合は国内で修理が出来ない場合が多いのですが、朝日レントゲンさんの工場にて修理対応されているという点など、会社としてのサポート体制が整っているように感じました。
見た目のデザインの良さについても気に入っています。

導入時に気になった点などはありましたか?

セラモテックシステム  森 亮太社長

6ヶ月間のレクチャーを受けた上で、性能に納得して導入しましたので、特に気になった点はありませんでした。
10台近いPCを自作していた経験からPC操作にも慣れていたので、デジタル機器という点も問題ありませんでした。
しいて言えば、現時点の日本では薬機認証の関係でまだ使えない機能や材料がありますが、海外ではceramillの機能をフルに活用して様々な技工物を作成できるようので、日本でも今後の発展性について期待しています。

導入後、どのような変化がありましたか?

効率的に大量の技工物を製作するよりも、少量で良いものを作りたいという思いがあります。CAD/CAM導入によって作業を省略化するというよりは、ceramillがあることで、より良い技工物を作りやすい環境になりました。
導入後に使用してみて分かった事ですが、ワックスアップスキャンが思っていたよりも簡単にできます。
海外だとワックスアップスキャンはほとんどしませんし、私自身も導入以前はまったくしていませんでしたが、試適を行うような技工の場合には、ワックスアップスキャンは有用です。インプラントの場合はレジンフレームで試適を行うので、形をそのままスキャンできるということがインプラント技工においてはメリットになります。
現在、当技工所では、保険冠に関しては早く削れる他メーカーのCAD/CAMシステムを使用するなど、複数のCAD/CAMシステムを使い分けています。今後は模型やステント、ガイドを削っていくことになると思っていますので、金額や症例に応じてCAD/CAMシステムを使い分けていくことが増えると考えています。
CAD/CAMと聞くと、1システムで全てできると考えている人が多いかもしれませんが、時間の関係もあり、1システムで全てを賄うのは難しいのが現実です。様々な仕事に対応しようとすると複数台・複数のシステムが必要になってくると思います。
当技工所はコマーシャルラボなので様々な歯科医院の仕事を受けなければなりません。オープンシステムのCAD/CAMシステムであることが求められます。
他メーカーのCAD/CAMシステムのソフトウェアではエラーが起こることがありますが、ceramillのソフトウェアでは、エラーが出たことがありません。上下フルでデザインしてもソフトウェアがフリーズしないのは、ceramill mindくらいではないでしょうか。他メーカーのソフトウェアを使用している方に聞いてみても、フルデザインは出来ない、と言われます。フリーズしてしまうと、それまでデザインしていたデータが消えてしまい、何時間もかかっていた作業が無駄になってしまいます。
当社製品の性能を保証するものではありません。

導入して良かった点はなんでしょう?

年齢が年齢なので老眼が進んでいて、ワックスアップするにも顕微鏡下でしかできなくなってきていました。
技工士寿命もあと5~6年かなと考えていたのですが、ceramillを購入したことで、これまで顕微鏡下でしていた作業をPCの画面上で行うことができるようになったので、CAD/CAMによって技工士寿命が延びたのではないかなと思っています。まったくストレスなく作業出来ています。
ソフトウェアのバージョンアップの度に適合がよくなっていますし、ceramillはトータルに使用してストレスの無いシステムです。
CAD/CAM冠が保険適用となった際には、CAD/CAM冠用の治具が数カ月程度で提供いただけました。アマンギルバッハ社と朝日レントゲンさんの迅速な対応に驚きました。朝日レントゲンさんは、導入してからの対応を含めて、付き合えば付き合うほど、まじめな会社だなという印象です。

ceramillで作成した技工物を見たときの歯科医院様の反応はいかがでしたか?

ドクターの方のイメージするCAD/CAMで製作した技工物というと、ゆるくてブカブカというものだったのですが、その印象は打破できたと思っています。適合についてのストレスもなく、医院様からも好評です。
ceramillを導入したことによって仕事の幅が広がり、新規のクライアントが10件以上増えています。

施術前

施術後

CAD/CAMの導入を検討されている方にアドバイスをお願いします。

セラモテックシステム  森 亮太社長

色々なシステムを見て、触って決めることが大事だと思います。
購入決定権者と実作業者が違うケースで、セールスマンの方の何でもできるという話を信じて購入したものの、実作業者が使用できると思っていたことができなかった、というような話も聞きますので、実際に使用する人がちゃんと使える機種を導入するのが一番です。安いという理由から購入したものの、結局使えなかった(あれが出来ない・これが出来ない)というような話もよく聞きます。
私がアマンギルバッハ社の装置を導入した理由も、ceramillならばほぼできないことがなかったからです。

社長の今後の展望を教えてください。

今、技工士の離職率の高さが問題になっています。卒後3~5年で8割ほどが離職してしまっているような現状です。理由として、長時間労働、数を多くこなすためのやっつけ仕事、分業制であるために仕事のおもしろさに気付けずにやめてしまっている、などがあります。
当技工所では、一人の技工士に依頼を受けた仕事の全行程を担当してもらっています。そうすることで、誰もが開業できるように育てたいと考えています。
また、最近は若い歯科医師の先生とも良い関係を築けているので、その若い先生からの仕事を継続していけるように、いい仕事ができる技工士を育てていきたいです。
そのためにも技工所としての形を整えて人を集めるために規模を大きくし、CAD/CAM等の設備導入もして綺麗なラボを作りました。
そうすることが、いい仕事にもつながりますし、技工士はもちろん、歯科医院・患者さん、みんなにメリットが出てきます。今後も当社の社是である「知行合一」の精神の元、勉強したことは仕事にフィードバックできるような環境を作っていきたいです。

本日は、貴重なお話をどうもありがとうございました。

Ceramill導入事例 セラモテックシステム様(PDF)

Ceramill導入事例 セラモテックシステム様

リーフレット(PDF)

ファイルサイズ:2.2 MB

リーフレットダウンロード

セラモテックシステム様の導入製品

このページの先頭へ

プライバシーポリシーサイトマップ

2016 © ASAHIROENTGEN Ind. Co., Ltd.